アミ焼き大将

好きな食べ物はビール、嫌いな食べ物はノンアルコールビール。高野です。

いや~今日はせっかくの休みなんですが、朝からず~と雨予報で。
こんな日にできることってアミ焼き大将ぐらいですよね。

ほんと雨って困ったもんです。

なので近所の「鳥ぷろ」さんで焼き鳥をテイクアウト。ここの「ふりそで」と「ごま塩レバー」がウマウマ絶品です(*ノωノ)

既に焼きあがっているのでレンジでチンするだけなんですが、やっぱり形から入りたいので、ここはアミ焼き大将で。

袋にレンジとオーブンの温め時間は書いてますが、アミ焼き大将の記載は無し。

いいんです、誰かが通った道ではなく、自分で道を切り開きたいんで( ˘ω˘ )

このアミ焼き大将、何がすごいって横のレバーで、金網の高さを変えられるのでお好みの焼き加減に。
素晴らしいっ、素晴らしいよ~\(~o~)/

さらに金網の下には受け皿があって、余計な油はシャットアウト。

まさに絶妙の焼き加減、理想的な環境で育った焼き鳥が食べられます。

これには黒ラベルも止まりません。

理想的な環境・・といえばそうです!我らがクレサンベールですね。

このクレサンベール、何がすごいって京セラの技術で最高の宝石が生まれる理想的な環境を追及し、時間をかけて丹念に結晶を成長させて創りだしてるんですね。

簡単に言っちゃうと、エメラルドとかの原石を炉に入れて、温度やら圧力やらを調整しながらゆ~っくり、時間をかけて自然のマグマを再現して育成しちゃうんです。

その時間はなんと数か月~1年以上。
これは大変、すごいですね~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

クレサンベールはこちら

ちなみにアミ焼き大将にかかれば、焼き鳥は裏とおもて各45秒がベストですね。

つぎに「鳥ぷろ」に行った時に定員さんに教えてあげようと思います。

高野でした~。

ブログ一覧

トドのダイビング
#mjc-odolly筆者:TakanoSatoshi

トドのダイビング トドのダイビング

たかののTEAるーむ
#mjc-odolly筆者:TakanoSatoshi

たかののTEAるーむ たかののTEAるーむ

アミ焼き大将
#mjc-odolly筆者:TakanoSatoshi

アミ焼き大将 アミ焼き大将

魚が食べたい
#mjc-odolly筆者:TakanoSatoshi

魚が食べたい 魚が食べたい