このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンドの相場はどのようにして決まるの?

金やプラチナの価格は毎日変動します。よく宝石店の店頭などに表示されているので、ご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。

では、ダイヤモンドの相場はどのように決まっているのでしょうか?ダイヤモンドに限らず、宝石の相場というものは金などのように「重さ」のみで金額は判断できません。重さに加えて、その宝石の品質というものが大変重要になってくるので、金の相場のように明確な数字として掲げることがなかなか難しいのです。

相場の基準は「ラパポート・ダイヤモンド・レポート」

しかし、全く自由に販売店が価格を決めているわけではなく、相場を決める基準となる価格は存在しています。それは、アメリカのデビアス社が月に一度発表する「ラパポート・ダイヤモンド・レポート(RAPAPORT DIAMOND REPORT)」です。

ダイヤモンドを取り扱う会社としては世界最大手であるこのデビアス社が、ダイヤモンドの生産量(採掘量)や流通するダイヤモンドの量を調整し、価格の急激な変動を抑制してある水準の価格を維持し、ダイヤモンドの価値の維持に努めています。このレポートは、ダイヤモンドの大きさや品質ごとに1カラット換算の価格が一覧表になったものです。これが、世界中のダイヤモンドを取り扱う業者の価格に関する国際的基準となっているのです。

日本国内においても、ダイヤモンドを取り扱う卸問屋などは必ずこのレポートで示された金額を見て、価格を決めています。さらに小売業者になると、卸問屋がレポートを元に作成した相場表などを実際の販売価格の決定の参考にしています。
ちなみにこのレポートを一般の消費者が目にする機会は滅多にないでしょうが、お金を支払えば誰でも見ることは可能です。

ダイヤモンドの価格はどのように決まる?

ダイヤモンドの相場価格の基準となる金額は、上記で説明したようにラパポート・ダイヤモンド・レポートが元となっています。加えて、以下の3点によって国内のダイヤモンドの小売価格は決まってきます。
それは「外国為替相場」「需要と供給」「流通経路」です。

外国為替相場

ラパポート・ダイヤモンド・レポートによるダイヤモンドの評価額はドル建てです。したがって、ドルと円の為替相場の変動も、ダイヤモンドの価格に大きく影響していきます。円安が進むとダイヤモンドの価格は上昇し、逆に円高になると価格は下がります。

需要と供給

需要と供給とは、そのダイヤモンドが今現在人気があるかどうかということです。例えば、人気のあるブランドが特定の種類のダイヤモンドを使用したジュエリーの新作を売り出すため、世界中から特定のダイヤモンドのみを大量に購入したとします。すると、それと同じ種類のダイヤモンドの価格は上昇します。他にも「大きさより品質」逆に「品質より大きさ」といったその時々のダイヤモンドを購入する消費者たちの傾向もまた、ダイヤモンドの価格に影響を与えるのです。

流通経路

流通経路とは、そのダイヤモンドがどのような過程を経て購入者の手元に届くのか、ということです。流通過程が長ければ長いほど、必然的にコストもかかってしまいます。

一般的なジュエリー販売店の場合は、多くの独自の店舗を経営しています。そのことにより、店舗運営費や人件費がかかります。さらに大手百貨店に店舗を出す場合にはそのテナント料がかかります。有名なブランドは広告宣伝費もかかるでしょう。それら全てがダイヤモンドの価格に上乗せされて、販売されるのです。

京セラのダイヤモンド

以上が、ダイヤモンドの購入価格に関する相場がどのように決まるのかという流れでした。京セラでは、多額の広告料をかけて宣伝を行うことはしていません。デパートへの出店もしておりません。

代わりに直営の実店舗とインターネット販売、限られた販売店でのみ取り扱いを行っています。そのため、コストを大幅にカットし、日本のダイヤモンドの価格相場と比較しても、品質がよい品を低価格で皆様にご提供できる仕組みを作っております。

京セラのダイヤモンド
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事