真珠の種類について

真珠というと、白くてまんまるのかわいい珠の印象が強いですが、真珠の種類は実はいろいろあります。

大きさや色、形もさまざまですので、アクセサリーとして真珠を楽しむ方は、ぜひいろいろな真珠を比べてみるとよいでしょう。今回は真珠の種類について、代表的な種類をご紹介いたします。

アコヤ真珠

アコヤ真珠は、日本で生息している「アコヤ貝」という貝から採れる真珠で、一般的に最もなじみがある種類の真珠ではないでしょうか。アコヤ真珠の美しさは、大変古くから人々に愛されています。

ホワイトやピンク・ホワイトといった色味の珠が多いですが、グリーンやブラックなどの色味のものもあります。貝の性質からきれいな円の珠ができやすく、美しい真珠が多いことが特徴です。

花珠について

花珠は、アコヤ真珠の中でも最高の品質が保証されているものの名称です。花珠にはそれを証明する鑑定書が付けられ、花珠だという時点で一定以上の品質が保証されたと考えてよいでしょう。

そのため、ほかの真珠と比べると価格もお高めです。同じ花珠でも、ブランドやさらなる品質、大きさによっても価格はかなり変わってきます。

タヒチ真珠

タヒチ真珠は、南洋に生息している黒蝶貝から採取される真珠で、「黒真珠」として愛されている種類の真珠です。黒蝶貝から採れる真珠はほぼ黒真珠なので、タヒチ真珠イコール黒真珠という認識になります。

黒色のほかには、緑や赤系の色味のものもありますが、ホワイト系の色味は採取されません。さまざまな大きさのタヒチ真珠がありますが、色味はつややかで、赤みがかったグリーンをしているものが人気です。

南洋真珠

南洋真珠は、タヒチ真珠同様南洋に生息する白蝶貝から生まれる真珠です。南洋の白蝶貝は非常に大きく生息することで知られており、南洋真珠も粒が大きく育つものも少なくありません。

アコヤ真珠は大きな珠が育たない分、美しい巻きや照りをもつ真珠が育ちますが、南洋真珠は巻きはアコヤ真珠にかなわないものの、粒の大きい珠が育つことがあり、大きなものになると数100万円の値がつくものもあります。

キズやエクボについては、アコヤ真珠同様少ないものが品質のよい珠だとされています。色味の種類もいろいろあり、ゴールドがかった色味の珠が人気です。

淡水真珠

前述したアコヤ真珠や南洋真珠が海に生息する貝から生まれるのに対し、淡水真珠は川や湖などに生息する貝から採取される種類の真珠になります。イケチョウ貝という貝から作られるものが多く、養殖しやすい真珠です。

昔の淡水パールはお米粒のような小さくて形が不揃いのものが多く、アコヤ真珠などの真珠とは比べものにならないレベルでしたが、最近の淡水真珠は粒も大きく、形の揃った珠が育つようになりました。こうした珠であれば、アコヤ真珠同様の高値がつくものもあります。

色の種類と用途について

このように真珠にはたくさんの種類があり、その色味も実にさまざまです。基本的に冠婚葬祭で真珠を身に付けるときには、一連であれば色味は何色をつけていても問題ありません。お葬式の際にも、一連ネックレスであれば白やピンク系でも大丈夫です。

黒真珠は葬式のときに使う、と決められているわけではないのですが、最近はそのようなイメージがついてしまっているようですね。そのため、結婚式や入学式では、黒真珠だとあまり印象がよくないようなので、避けたほうがよいかもしれません。

京セラジュエリーでは、様々なシーンでお使いいただける厳選された真珠のジュエリーを販売しています。

一生もののジュエリー真珠

#パール/真珠Mjc-odolly