このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知らない!?良質な真珠を使ったネックレスの見分け方・選び方

意外と知らない!?良質な真珠を使ったネックレスの見分け方・選び方

数あるジュエリーの中でも、普段使いとしてだけでなく冠婚葬祭といったさまざまなシーンで活躍するものといえば、やはり真珠。中でもネックレスは、ひとつ持っておくだけでスタイルに女性らしさや上品さをプラスしてくれる便利なアイテムです。

しかし、カラット数やカットに違いが出るダイヤモンドなどと違って、真珠は一目でモノの良し悪しを判断するのは難しいもの。今回は、そんな真珠のネックレスの選び方をご紹介します。

真珠のクオリティ(品質)をはかる、5つの基準

まず、真珠の質の良さとはどのような基準で決まるのかご存知ですか? これを調べるためには、「巻き」・「形」・「光沢(てり)」・「キズ」、 ネックレスにはさらに 「仕上げ(連相)」という5つの判断基準が存在します。

真珠を選ぶポイント1.「巻き」

真珠は貝の中に「核」と呼ばれる玉を埋め込み、そこに貝自身がつくりだす分泌物で核を覆っていくことで完成します。「巻き」とは、この自然にできあがる真珠層の厚みの部分を差し、ここが分厚いほど良質な真珠とされ、輝きも増します。

真珠を選ぶポイント2.「形」

真珠とは人工ではなく自然の力でできあがるものであるため、微妙にではありますが形に違いが出てきます。一部例外はありますが、真円に近ければ近いほど高品質の真珠とされているのです。

真珠を選ぶポイント3.「光沢(てり)」

真珠に映るものがよりくっきりと見えるものほど、「光沢(てり)」がよいと言えます。この光沢は、真珠層の均一さや表面のなめらかさによって表現されるもので、見た目の美しさを大きく左右する基準のひとつです。

真珠を選ぶポイント4.「キズ」

他の宝石と同様、真珠も表面のキズが少なければ少ないほど良質の真珠とされています。しかし、真珠は天然のものであるため、キズが全くないということはほとんど考えられません。

真珠を選ぶポイント5.「仕上げ(連相)」

上記4つのポイントに加え、ネックレスには「仕上げ(連相)」というものも判断基準の項目になってきます。連相とは、真珠同士の色と品質の統一感のことを指しており、真珠の並びとも考えることができます。

良質な真珠ネックレスは信頼のあるお店で選びましょう

京セラでは、これら5つのすべての項目において最高ランクを取得したもののみに与えられる称号の「花珠真珠」を用いたジュエリーも多数取りそろえています。

また、ネックレスの場合は上の5つのポイントに加えて「長さ」も見た目の印象を左右するポイントのひとつ。短めのものであれば、フォーマルだけでなくカジュアルにも楽しむことができますし、長めのものであればより上品さを演出することができます。長さに余裕があれば2連、3連にしてアレンジしてもいいかもしれません。

一生にひとつはほしい、真珠のネックレス。大切に使いたいものだからこそ、あなたの目で良質なものを選んでくださいね。

花珠真珠のネックレス

このエントリーをはてなブックマークに追加

思いをつなぐ一生もののジュエリーを
京セラはお届けしております。

京セラでは、ジュエリーは単なる物ではなく、
贈る人の想いのこもった「心のやどり木」だと考えています。
つらく涙がこぼれそうになったときや、
毎日の生活に疲れて立ち止まりそうになったとき、
帰ってくる場所として手元に光る輝きがある。
そんな相手の心を優しく支えるやどり木となることができれば、
これ以上ない贈り物になることでしょう。

京セラodollyの人気のジュエリー

アイテムから探す

  • ペンダント
  • リング(指輪)
  • ネックレス
  • ブレスレット
  • ピアス
  • イヤリング

石種から探す

  • ダイヤモンド
  • 真珠
  • アレキサンドライト
  • エメラルド
  • ルビー
  • スタールビー
  • サファイア
  • スターサファイア
  • パパラチア
  • グリーンクリソベリル
  • ウォーターオパール
  • ブラックオパール
  • ガーネット
  • アメジスト
  • アクアマリン
  • ムーンストーン
  • ペリドット
  • トルマリン
  • トパーズ
  • タンザナイト

京セラodolly おすすめ商品

関連する記事