ホーム > リング・指輪 > ルビーリング > ルビーリング(ミル打ち/アンティーク風/7月誕生石/K18ホワイトゴールド)
金種変更可

ルビーリング(ミル打ち/アンティーク風/7月誕生石/K18ホワイトゴールド)

¥ 37,200 (税込)
送料:全国一律 660円(5,000円以上のご購入で送料無料)
商品コード: BRGR7620
発送日目安:3~4日後
ポイント: 372 pt
リングサイズ:
個数:
お電話でのご質問もお受けしております。0120-977-270
こちらのジュエリーケースでお届け致します。
商品の説明
ルビーの色がと〜ってもキレイです。
両サイドについているダイヤモンドが高級感を演出しています。

細めのリングですが、落ち着いたアンティーク調なデザインが大人の雰囲気を醸し出します。

細かなところまでこだわりが詰まったデザイン!

K18ホワイトゴールドでセッティングされています。



サイズ直しの場合は、お時間をいただきますのでご了承ください。

※オーダーと記載のあるリングサイズに関しましては新規製作となりますので、約1ヶ月お時間を頂戴いたします。
 商品詳細

素材 K18ホワイトゴールド
石種 ルビー(クレサンベール)
オーバルカット 約3.0mm*5.0mm 1pc 0.22ct
天然ダイヤモンド 
2pcs  
リング幅 最大幅 約5.0mm


金種変更について
ユーザーレビュー
総合評価:
4.75
(8件)
  • 素敵です! ★★★★☆

    届きました!すっごく細いリングに細やかなミル打ち…繊細で素晴らしいと思いました。ルビーは3mm×5mmには見えない存在感!曇りのない真っ赤な輝きが素敵です。リングの色もピンクゴールドにしてよかったです!

    2020/05/31   投稿者:hkm

  • お届けありがとうございます ★★★★★

    ポイント10倍キャンペーンと5000円引きクーポンを利用して購入しました。
    細いアームに控え目に輝くルビーと両脇の小さなダイヤモンドこれなら毎日でもつけられそうですね。

    2019/02/10   投稿者:アクタ

  • 小さいけれど存在感 ★★★★★

    しっかり濃い赤色で可愛いです。
    ピンクゴールド製作して貰いました。よく合ってます。
    問い合わせてたところ4号サイズにするには多少楕円になるとのことでしたが、まったくわかりません。
    重ね付けして楽しんでいます。

    2018/05/29   投稿者:オリヴィエ

  • プレゼントに ★★★★★

    ピンクゴールドで作っていただいたのですがとても喜んでもらえました。
    細身のリングにルビーがきちんと主張していて、上品な輝きがとてもきれいでした。
    ありがとうございます!

    2017/11/22   投稿者:のあちょ

  • 気軽に使えて綺麗です ★★★★★

    他のかたも書いておられたように、リング幅自体は細くて華奢な品ですが、だからこそ、主張しすぎることなく、その日の服装等に自然になじみます。ルビーの色がとても美しくて、見るほどに癒されます!ミル打ちも含め総じてカジュアルで可愛らしいデザインなので、若い女性にとくに好まれそうに感じました。

    2017/11/18   投稿者:オードリーファン

  • キラキラしてます。 ★★★★★

    12号にしました。小指と親指以外どの指でもOKです。その日の気分で色々な指に付けて楽しめそうです。小さな石ですが、存在感はしっかりあり、普段使いに大活躍しそうです。

    2017/10/05   投稿者:はる

  • 別注で ★★★★★

    別注でイエローゴールドで作ってもらいました。
    少し待ちましたが、待った甲斐がありました。
    わがまま聞いてくださりありがとうございました。
    丁寧な対応、さすが京セラさん と思いました。

    2014/02/07   投稿者:ミポリン

  • 綺麗ですよ ★★★★☆

    地金の部分は細く、指が長く見えるデザインかな~って思います。娘も一緒に使いたいと申しています。

    2013/10/03   投稿者:モコ

安心してご購入いただくために

商品の品質はもちろん、ご購入後のアフターサービスまで、安心してお使いいただけます。

安心してご購入いただくために

贈り物としても喜ばれるために

安心して贈り物を選んでいただけるよう、ラッピングの対応も行っております。

ギフトラッピングについて

ご検討のお客さまにリングゲージプレゼント

インターネットでの指輪のご購入が不安なお客さまのため、リングゲージをプレゼントしています。

リングゲージプレゼントについて

このページのトップへ